Menu

ごあいさつ

"理事長就任にあたって"

 この度、令和2年6月1日に開催されました理事会におき まして、理事長職を拝命致しました。微力ではありますが、 創立 90 年以上の歴史と、これまでに16万余名の卒業生が 巣立った伝統ある学園のさらなる発展を目指し、全力を尽く す所存でございますので、関係する皆様方のご支援ご協力を 賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

  さて、前任の吉岡理事長は就任中、ガバナンスの改革、内部統制システムの再構築、 長期ビジョン(Vision100)及び中期事業計画の策定、健全な財務基盤の構築、行動指針 の制定、教学面の充実に向けたサポートなど、数多くの取り組みに着手され、学園の長 期的発展の基盤を築いてこられました。私は、これらの取り組みや考えを引き継ぐとと もに、変化する社会の要請に応える教育研究機関として、当学園に課せられた社会的使 命を踏まえ、効率的かつ有効な業務遂行を意識した上で、教職員と一丸となり諸問題に 取り組んでいきたいと考えています。

  教育研究機関を取り巻く環境は、少子化による就学人口の減少等厳しいものがありま す。また、新型コロナウイルス感染症の影響で社会全体が大きく変化していく可能性が あります。そうした中において、当学園が社会から信頼され、選ばれ続ける学園である ために、建学の精神「偉大なる平凡人たれ」のもと、社会に貢献できる質の高い教育研 究機関を目指し、実社会を支える有能な人材育成を目標として、鋭意取り組んで参りた いと考えておりますので、関係各位には一層のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げ ます。

令和2年6月1日
学校法人大阪産業大学理事長
北前 雅人